職場+TWの出来事を気が向いたら書く日記です♪


by takashi-saitama

カテゴリ:未分類( 30 )

交流研修スタート!

8月16日より研修が始まった!
新たな職場での3ヶ月間の・・・・・・・・拷問(/_;)はぅぅぅ~~
現在の職場には11年と3ヶ月間、何処へ行くことなく働いて来たが研修として3ヶ月も離れるのは初めてのこと・・・・・
同じ仕事で技術・知識的には問題ないのだが仕事の流れがまったく違うはずと考えたら・・・・
「チョイ不安だぁ~だぁ~」前日は不眠でしたぁ~^^
初日、「仕事の流れを把握する!」の目標を立て望むが・・・・・
惨敗・・・・・・・・何も出来ずコキ使われる・・・・・(/_;)
「ぬぉぉぉぉぉぉ~~~~~~初めからコキ使うなぁ~~~!!」
2日目、「お年寄りの名前と状態把握(若干)」の目標を立てたが・・・・・
惨敗・・・・・・・・何も出来ず要注意人物(問題行動が多い人)ばかり任せられる・・・
「ぬぉぉぉぉぉ~~~~~~オメェーら!!楽するなぁ~~~!」
(ちなみに100人の年寄りの名前覚えなきゃいけないんだよ・・・・)

2日目に明らかになったが・・・・現在の研修場所で極一部の人達には向こうから(11年働いた場所)ベテランクラスが来ると情報が流れていたらしい・・・・
休憩中に色々と話しをして発覚したのだが、研修先のベテランは8年とのことだった。
その人の一言にブチキレ寸前!
Aさん:「イプさん(仮名)は11年も働いているんじゃ!何でも出来ますよねぇ~♪」
いぷ:「あのなぁ~勝手がが違うのだよ!勝手が!!!」と腹で思い・・・・・(/_;)
いぷ:「まずは業務の流れを教えろぉ~~~~~」と腹で思い・・・・(/_;)
いぷ:「いやぁ~分からないことばかりですよ(笑) ご指導をお願いします。」
正直な話し屈辱の連発です。
一日も早く業務を覚え、違いを見せ付けてやることにします。
[PR]
by takashi-saitama | 2005-08-18 01:27

写真・・・・

衣食住!!
「衣」 = 問題なし!
「食」 = かなり問題あり!!
「住」 = 問題なし!

オッサンにとっては「食」のバランスがとれていない・・・(/_;)
作ればいいのだけど・・・・・・(作るのめんどい!)
買って来ればいいのに・・・・(持って来るのめんどい!)
出前を頼めばいいのに・・・・(まずい!!とにかく出前はまずい!)
色んな方法があるけどオッサンは食堂に行くぅ~♪
古びた建物!ばあちゃんの経営する食堂が近くにあるのですよ。
なんと×2!! 値段もリーズナブル♪
煮物!漬物!焼き魚!なんでもござれの定食がたまらなく美味しいお店。
さらに!!お酒も飲め、カラオケも出来るときたもんだ!!!
オッサンにとっては5つ星レストランをもしのぐ 
10星にもひってきするんだなぁ~
今や常連となって店に和んでいたりもします。

そんなお店で事件が・・・・・
何せチッコイ町のチッコイ商店街にあるチッコイ食堂ですから。
オッサンのことを知る方が時より来店、勝手に自分の情報を漏らしてしまう方が
いたりします。
店に行くたび、ばあちゃんから(経営者)
「へぇ~イプちゃん(名前 + ちゃん)は老人ホームで働いているんだぁ」
「へぇ~イプちゃんは あそこに住んでいるんだぁ~」
「へぇ~イプちゃんは 独身なんだぁ~」
「・・・・・おいおい!何処まで自分の情報を知りえているんだ・・・・」(/_;)

一昨日のことです。
「おっ!イプちゃん 来たねぇ~」
「今、噂してたんだよぉ~ 丁度よかったぁ~」って
ウェルカムモードーで待っていたのですよ・・・・(^_^;)
「こらこら^^;勝手に自分のいないとこで噂話しすなぁ~^^;」
などと 思いながらも話しを聞こうとすると。。。。
ばあちゃんが アルバムを自分の前に差し出した。
「チョット見てみない!^^」
差し出した ばあちゃんの 顔に笑み・・・・
※かなり恐かった・・・・・(爆笑)
開けて見ると・・・・・・・・
「??????????」
女性の写真・・・・
「どうだい? イプちゃん よさそうな子だろぉ~」
「そろそろ、所帯もったらどうだい?」なんて聞いてきたもんだから・・・・
「あははははははは・・・・」
とにかく笑うしかなかったよ・・・・・・・
そして話しから逃げるようにカラオケ・・・・
歌ったのは「想い出がいっぱい」・・・・・
歌い終わった自分にまた・・・・お話し攻撃!!!
頼みます。出来ればほっといてぇ~^^;
[PR]
by takashi-saitama | 2005-05-22 00:34

やめてケロォ~(/_;)

暗闇にたたずむ影・・・・
赤き光の前ぼんやりと映るSさん・・・・・
「ゲッ!やめてケロォ~~~」
ダダダダダダ・・・・・・・! ← (全力疾走でSさんの元へ走るイプ)
「ゼェ~ゼェ~ゼェ~・・・・Sさん眠れないの?」と尋ねると
「駅に行きたいけど迷ったのよ・・・駅は何処なの?」
今日は駅か・・・・・・(前回は市場だったよ・・・)(/_;)
「あのね♪ここから駅まで遠いから車で送るよ^^
チョットこの椅子(車椅子)に座って♪」
座ってもらうなりその場からダッシュ!!(脱出)

この話しは認知症(去年の初めまでは痴呆症)の判断を受けた方と
イプ(オッサン)との忘れられぬ思い出話しです。
※認知症 = 脳の萎縮(イシュク)により物事の判断が正確に出来なくなる
症状です。(言葉が悪いけど簡単に言えば ボケ症状です。)

あれは今も忘れない・・・・
明け方4時ごろ・・・
「ジリリリリリリリリリリリリ・・・・・・・」
施設全体に響く非常ベルの音!!
「火災発生!直ちに現場を確認してください!!」
中央制御装置から発する音声!!
おむつ交換していた自分も現状を把握するため寮母室へ行き
制御装置で火災発生場所を確認し、現場に向かうと・・・・・
赤い光を浴び音に動じることもなくボタンをいじっているSさんを
発見・・・・・・
まっ、まさか!?
そうです!非常ベルを押したのはSさん・・・・
安堵と共にドット疲れが^^;
急いで非常ベルを解除すると今度はナースコールラッシュ!!
お年寄りの中には玄関まで歩いて行く方お年寄りまで・・・・
全部のコールを一度ダウンさせ全館放送で誤報を伝えるも、皆さんの
動揺は収まらず一人一人の部屋に回りその場を
収めることが出来ました。
回り終えた時には相方と(夜勤のパートナー)汗だく常態(/_;)
そんな時Sさんは寮母室前に座った状態で自分の方を向き手招き
「ご飯だからおいで!!早く食べなさい!!」と激怒モード・・・・
どうも自分を息子と勘違いしているのでしょう。
側に行った自分に「何でお前は言うことを聞かないの!!」などと
延々と説教・・・・・(/_;)
(イプ心の叫び = 頼む!そろそろ仕事させてくれ・・・・・)
その後、消防署からは指導受けるし・・・・
上司からはチクリチクリ言われるし・・・・・
最悪の夜勤でしたよ。^^;
まっ!誤報によってのお年寄りの事故がなかったし。
今となってはデッカイ目覚まし時計が鳴ったと思えば笑い話になるかな。^^
お年寄り中にはあの音でも起きないお年寄りもいたけどね^^;
[PR]
by takashi-saitama | 2005-05-09 16:25

こんな町が好きです!

我が町も田植えの時期を迎えました。
田んぼに水がはられ、幼き稲が植えられると静かだった
田んぼが合唱団に占拠されます♪
「ゲロゲロゲロゲロロォ~♪」
途切れることなく続く合唱♪
夜には合唱と星が。。。
(最近は住宅、街頭が増え見える星数も少なくなりましたが・・・・・)(/_;)
心の安らぎを感じます。(^_^)
「のどかだぁ~♪」
なんて思いつつ今も部屋外から聞こえる合唱を聞いてます。
また、オッサンの職場は自宅から800メートル!
田んぼ道を通り出勤しており
稲の生長と共に移り行く季節を感じることの出来る素晴らしき環境♪
こんな町が好きです!。
これ以上開発の波が押し寄せないことを祈ってまぁ~す♪^^
多分この土地に永住かなぁ~♪^^
[PR]
by takashi-saitama | 2005-05-04 23:00
先週の日曜日試合だったよ・・・・
前にも話したけどイプ(オッサン)はママさんバレーの鬼コーチ+鬼監督ぅ~
「・・・・・・・・・」
嘘です・・・・・・(/_;)
あっ!嘘って言うのは「鬼」の部分ね^^
「鬼」の部分を存分に出せばいいと周りのチーム監督に言われるが・・・・
イプ=心優しきオッサン!!
あっ!これも嘘です・・・・・・かも^^
単なる弱気爺・・・・・・「ぎゃぁ~~~~~」
強くなりたい!!って想い続け早、3年!
強くなりたいのぉ~♪
試合結果から話すと・・・・・・「惨敗!!」
いやぁ~^^
サーブカットが出来ないチームだよぉ~^^
4戦して4敗・・・・・
「すまねぇ~~~~~^^;」=チーム全体にね^^;
どのようにすれば強くなるのだろう??
どのようにおすればやる気を起こせるのだろう??
どのようにすれば皆が練習を真剣にしてくれるのだろう??
どのようにすれば井戸端会議がなくなるのだろう???
どのようにすれば・・・・・・・・・
「ウエェ~ン」分からないよぉ~~~~~(/_;)
でも・・・・・・
負けて悔しいのだろう!!!!!
皆の目には薄っすら涙??
試合内容からしても勝てぬ試合ではなかった・・・・
3年前に比べるとまるで別のチーム!(周りは認めてくれている・・・・でも・・・・)
悪いのはイプ!
皆、ごめん・・・・でも・・・・
頼む!!!「練習前の井戸端会議だけはやめておくれ(/_;)」
今度は勝とうね^^
イプ(オッサン)も努力するよ^^
[PR]
by takashi-saitama | 2005-04-30 02:48

死・・・・・

この業界(老人ホーム)に入って初めて経験した死・・・・・

さかのぼること10年前(今は11目のベテランでオッサンだけど^^;)
夜勤業務を行っている時に訪れました・・・・
自身、人の死を目の前で見るのは3回目です。
(親の婆さんと爺さんの死を含め)
しかし、死を迎えてすぐの状況の方は初めてでした・・・・
○○さん^^パンツ変えるよぉ~♪(オムツ=パンツ)
っと声を掛けると何らかのリアクションのある方だったんですが・・・・
「シーーーーーン」
「???」疑問に思いつつも取り替えて
「終わったよぉ~♪」
声を掛けると
「シーーーーーーーーーーーーーン」
「????????????」
恐る恐る・・・脇をチネッテ(つねる)ってみた・・・・・(確認のため)
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
反応がない・・・・その瞬間、現状を理解し
脈をとり・・・・心音を確認・・・・・瞳孔確認
「し・し・し・し・し・し・死んでる!!!!!!!!」
どれくらいだろう?・・・・自身の動きが止まっていた・・・・・
さっきご飯を食べて笑顔を見せていたんだぞ!!
なぜ!今こんな状況なんだ!!
正直パニック状態!!
先輩の側に行き伝えようとするが
慌てていて状況を伝えられなかったらしく・・・・・
「○○さんが・・・・○○さんが・・・・・」を連発していたらしい・・・
状況を察した先輩が行動すばやく対応してくれたが
一人だったらどうしていたのだろう?って考えるとゾッとしたよ^^;
今は何度となくその状況に立ち会っていますが・・・・
その状況に立たされるのは勘弁してほしいと常々思う今日この頃(/_;)
悲しい別れ・・・・「いやだよ・・・・・(/_;)」
[PR]
by takashi-saitama | 2005-04-27 01:24
鳴り止まぬコール・・・・
溢れる仕事・・・・
期待に応えられぬ自分・・・・
「ふぅ~」 「・・・・・・」 「あは♪」 「・・・・・」  「ぁ~」
            ↑
(8割は完全に壊れている自分の様子・・・)
一度に4人の職員がやめていったよ・・・・(/_;)
「人がいねぇ~~誰か雇えェ~~」
現状の心境ですよ(/_;)
あっ!もちろん辞めていった人達のことを考えると
寂しい気持ちが優先しますよ♪
施設の方針だからしかたねぇ~(人減らし)
浮いた人件費で利益アップ?????
わからんよ・・・・・・上司は何を考えているのか・・・
まっ!何とかやりくりしてますがねぇ~♪
ただ・・・・・・・期待に応えられぬ自分の部分がシンドイかな。
実は我が町に道の駅が出来たのですよ。 パチパチパチ~♪
その情報を何時仕入れたのか分からないけど
昼ごはんを食べ休んでいる自分の側にやってきて
「道の駅ってどんな所なの?色々物産が売っているらしいねぇ~」
「面白そうだねぇ~♪」等と色々道の駅について沢山聞いてくる・・・・・・
「今度いこかぁ~♪すぐそこだからぁ~♪」の一言がすぐ言えなかった・・・
行きたいなぁ~♪そんな想いがヒシヒシと伝わってくるのだった・・・・
「何時とは約束できないけど行こうね・・・・・・・・・ボソ」
こんな返答しか出来ない自分が情けない・・・シンドイ。
多分4月はいけないだろぉ~5月も無理っぽい・・・・・こんな事実は言えなかった。
「期待してまってまぁ~す♪」の一言を後に部屋に戻って行く後ろ姿が
とても嬉しそうだった・・・・
けど、そんな後姿に「ごめん・・・今は・・・・連れて行ってあげることが出来ない・・・」
「ごめん・・・・・」
[PR]
by takashi-saitama | 2005-04-25 23:13

節電・・・・・

夜勤での出来事です!
夜中、おむつ交換+巡視をしていた時に突然「パチッ!!」
「クラ!(真っ暗)」
まっ!まさか!!出るのかぁ・・・・(この世に存在しない方が・・・・・・)
凍りつく背筋、何かの気配・・・・・・
「キィ~キィ~~カタン!」
「・・・・・・・・・・」
この音を聞いたとたん不安が吹っ飛びましたぁ~♪
我が施設には電気を消しまくる婆様がいるのですよ^^
シルバーカー(手押し車)を押し、静かに歩くSさん^^
腰は直角に曲がり、移動は音も立てずに歩く方
唯一その方だと分かるのが古びたシルバーカーが発する音です。
「かぁ~ちゃん♪ わりーけんど、電気つけてぇ~♪なんも見えねぇ~べやぁ♪」
数秒後に「パチッ!」
「かあちゃん わりぃ~ねぇ~♪あんがとぉ~♪」と言うと
遠くから「あいよぉ~」
しかし、また「パチッ!クラ!」
「・・・・・・・・・・フゥ~」
Sさんの元へ行き
イプ「かぁ~ちゃん♪電気なんで消すん?」
Sさん「もったないべやぁ~(もったいないから)」
イプ「そっかぁ~^^;・・・・・・・あんがとね(/_;)」
イプ「かぁ~ちゃんいたら電気代助かるよぉ~♪」
イプ「浮いたお金で美味いもん食えるからねぇ~♪あんがとぉ~♪」
この一言にSさんはテレながらニコニコニコォ~~100万ドルの笑顔・・・・・・・・
Sさん「だんべぇ~(そうだなぁ~)」
でも、素朴な疑問が・・・・・・・・・・
どの様にしたら電気が消せるん????
腰は直角に曲がり電気のスイッチまで手届かないはず!!
わざとトイレの電気を付けSさんを観察ぅ~^^
そして「かぁ~ちゃん♪そこの電気消してぇ~♪」って声を掛けると・・・・
すごくスゴイ光景を目にしてしまったのですよぉ~~~♪
直角に曲がった腰が・・・・伸びるはずのない腰が・・・・・
伸びてまぁ~~~す^^しかも、垂直!!!
すかさず、「かぁ~ちゃん!!腰伸びるじゃん!!!すごいよぉ~~~~♪」
Sさん「そりゃ伸びるさぁ~ でも伸ばすと少しシンドイんだよ。」
シンドイ思いしてまで消さんでもいいのでは・・・・・(心で思うイプだった)
電力会社よぉ~~♪電子ちゃんよぉ~~♪(東京電力マスコット)
うちの婆様を表彰してくれぇ~~~(/_;)
[PR]
by takashi-saitama | 2005-04-10 03:26
「忙しい・・・・・」
心の中で ボソ って思うことが多い毎日です。
4月から我が城(職場)は違う経営者が運営することになり
経営内容、業務内容も変化・変化・変化・・・・の連続。
いかなる要望にも応えられることの出来る体制と上司が
納得のいく環境にせねばなりません。
しかし、4月に入りバタバタ職員が移動+辞める・・・・
「シンドイよ・・・(苦笑)」
上は現場を知らないお馬鹿さん♪
「○○くん!(イプの名前ね^^)職員数は減ってしまったがサービス
低下がない様にやってくれ!」
「・・・・・馬鹿か・・・当たり前じゃ!おめぇーに言われんでもそのつもりじゃぁ~~」
っと心で叫びつつ・・・・・(/_;)
まっ!自分たちはプロだから皆さん(入居者)が満足のいく環境作りを
遂行できる体制を作っていけるだけの経験がある!!
なんとか低下させないようにガムシャラにやっているのですが・・・・
今さっき・・・・・テレビを見ていたNさんに言われた一言。
「目がキツクなってるよ♪」
「へ?????????????」
知らず知らずに顔がキツクなっていたのかな・・・・・・。
仕事時間はとっくに終わっていたのだけど自分の抱える仕事を
終わらせるため残っていた時に言われちゃった^^;
ペンを置き。
「よぉ~~~し♪まだ眠くないNさん?^^」
「さくら 見に行こ!今すぐ見に行こ!夜桜じゃぁ~~~♪」
「連れて行ってくれるの!!」ってとてもいい笑顔(表情)
施設の外の駐車場に15本ばかりのソメンヨシノが咲いているのですよ^^
駐車場の電気つけてライトアップ万全!!
自身も見とれるほどの夜桜^^
脇から聞こえた一言・・・・「冥途の土産だわぁ~♪」
「おいおい!」^^
15分ばかり見て戻ったけど・・・・
もらった一言は「目がキツクなってるよ♪」かなりショックだった^^;
プロ失格かなぁ~って悩まされたよ・・・・・(/_;)
皆は自分の変化をよく見ている。
心にゆとり!!普段からそれを想い働いていたのに・・・
チョイ反省^^;いや!かなり反省^^;いや!随分反省「はぅぅぅ・・・」(/_;)
明日も仕事ぉ~^^気を引き締めて働かねば^^
[PR]
by takashi-saitama | 2005-04-07 23:51

長距離ウォーカー^^;

「テクテクテク・・・・・・・・・・」
「かあちゃん!おはようぉ~♪元気かい?」
「ピタッ!!・・・元気だよ♪・・・・テクテクテク・・・・・」
「何処っかいくんかい?」
「あぁ~ほら! あそこだよ、あそこ・・・」
「そっかぁ~♪ 気をつけていってねぇ~^^」
「あいよぉ~」
こんな会話からHさんの一日は始まります。
何処行くわけでもなく・・・・ひたすら テクテクテク・・・・
疲れることを考え、何度となく会話、歌等で引き止めるも・・・・
「あっ!早くいかんとぉ~」
※疲れる = 転倒 してしまうのですよ^^;
そしてまた、テクテクテク・・・・・
どんなにベテラン(施設に勤める介護職)でも今だかつて10分その人を
止められた人はいません。^^;
誰にも迷惑は掛けていないのだけどね・・・・
しいて言えば自分たちに迷惑かけてるかも^~^;
頼むから転ばんといてくれぇ~^^って日々祈るばかり(/_;)
まっ!当人にしてみればそんな心配は なんのその!
でも、一日どれだけ歩いてるのだろぉ~素朴な疑問と好奇心が・・・・(笑
明日もまたテクテクテク・・・・・頑張れ婆さん!!あんたのゴールを見せてくれぇ~^^
[PR]
by takashi-saitama | 2005-03-25 02:24